目的や塗料種別の特徴など、土浦市での外壁塗装工事に役立つ情報をご案内

HOME>記事一覧>外壁を塗り替える目的と塗料の耐用年数をチェック

なぜ外壁を塗り替える必要があるのか

男性作業員

住宅の室外工事には外壁の塗り替えもありますが、定期的に行う目的は主に3種類です。先ずは壁面の保護であり、劣化した塗膜を新しくすることで雨や紫外線、それに大気中の汚染物質類から住まいを守れるようになります。そして2つ目の目的が美観であり、好きな色を選んで住まいを塗り替えますと、新築時の美しさを取り戻せるのが特徴です。3つ目は、防カビや遮熱といった特殊機能を備えた塗料を使い、家屋のメンテナンス性や快適性を高めることも目的になります。土浦市で外壁塗装工事を行う際も、それらの目的と特徴を加味して最適な塗装業者に依頼しましょう。

どれを選ぶかで塗り替え間隔が変化する

目的のほか、外壁塗装工事で用いる塗料にも複数の種類があり、個々で耐用年数などの特徴が異なります。アクリル樹脂塗料は最もローコストですが、耐用年数も5年程度と短く、現在では殆ど使われることがない種類です。ウレタン樹脂塗料は耐用年数こそ7年以上とアクリル塗料より優れているのですが、施工割合は20%にも満たないと言われています。そして、現在最もポピュラーなのがシリコン樹脂塗料であり、これは耐用年数が10年以上と長く、コストパフォーマンスに長けているのが特色です。このほか、近年人気急上昇中なのがフッ素樹脂塗料で、費用は高めですが、耐用年数が15年以上と長いため、土浦市でも検討される人が増えています。

広告募集中